4.3 小テストを作成し、送信する(先生向け)

クラスで使う小テストは簡単に作成することができます。 小テストを作成したら、小テストをクラスに送信することで生徒が小テストを受けられるようになります。

開始するには、次の手順に従ってください:

  1. グループページ、またはクラスページの上部にある投稿フォームにある「小テスト」タブを選択します。
  2. 「小テストを作成」をクリックして新しい小テストを作成するか、以前に作成した小テストを読み込んで作成することができます
  3. 小テストを作成する際に以下の詳細を記入して下さい:
    • 制限時間 - 生徒が小テストを完了するための時間の制限を設定します。最長の制限時間は1440分または24時間です。
    • 説明 - 右側のパネルにある[小テストの説明]フィールドに小テストの概要や説明文を記入できます。
    • 結果 - 「小テストのオプション」の下にある「生徒に結果を表示する」のボックスにチェックすると、テストを完了すると結果が表示され、正解/不正解の問題を確認できます。
    • ランダム -「小テストのオプション」の下にある「質問をランダムにする」のボックスにチェックすると、小テストを受けている学生毎に問題をランダムに表示します。
  4. タイプの選択肢から問題の種別を選択します。選択問題、正誤問題、短回答、穴埋め問題、または一致問題から選択します。 (また、右にある[1問目を読み込む]リンクをクリックすると、以前に作成した問題を過去のデータから読み込むことができます)。
  5. 「+1問目を作成」ボタンをクリックし、「問題文」欄に問題の文章を入力します。 (下に、問題毎にリンクやファイルを添付するオプションが表示されます)。
  6. 解答を追加する。解答欄は、問題のタイプによって異なります。 (空白を埋めるには '_'(半角アンダースコア)を使用して、空白をどこに表示するかを指定します)応答オプションを完了し、「正解として設定」リンクを選択して正しいオプションをマークします。 2つの応答フィールドがあります。追加する場合は、2つ目の応答フィールドの下にある[回答を追加する]ボタンをクリックして、さらに応答を追加します。
  7. 問題毎に配点を変更したい場合は、「配点」欄を変更してください(問題は自動的に1点に設定されますが、より多くの配点を変更するために、より高い値に設定することができます。ただし、1点未満の配点に設定できません)。
  8. 新しい問題を追加するには、左側のパネルの "+"ボタンを選択します。 左パネルから問題番号を選択することで、その問題の編集に戻ることができます。 「+」ボタンの横にある「読み込み」リンクをクリックすると、以前作成した問題が読み込まれます。
  9. 画面左のパネルで問題番号を選択し、問題を削除するには右上の[問題を削除]ボタンをクリックします。
  10. 画面左のパネルにも問題番号をドラッグして問題の順番を変更します。
  11. 小テストをプレビューするには、「完了」ボタンの下にある「プレビュー」リンクを選択します(生徒が実際に見る画面を確認できます)。
  12. 生徒に配布するために小テストを用紙に印刷する場合には、[印刷する]リンクを選択します。
  13. 小テストを投稿するには、ページの右上にある「完了」ボタンをクリックします。
  14. 小テストの詳細を記入してください:
    • 締切日- 締切日をクリックして、期日を選択します。
    • 進み具合に反映 - チェックすると、自動的に小テストと生徒の点数が通信簿に追加されます。投稿時にチェックを忘れた場合でも、後で追加することができます。
  15. 今すぐ送信するかスケジュールを設定する:
    • 今すぐ送信 – すぐに投稿を送信します。
    • 予約送信 - 選択した時間に自動的に投稿を送信します(先生と生徒が同じタイムゾーンに設定されていることを確認してください)。
    • 送信先欄に小テストを受けるグループまたは生徒を含めます。 小テストを複数のグループに割り当てる場合は、それぞれのグループに個別に送信してください。グループ別に配信することで、1つのグループから小テストを削除したい場合、簡単に行うことができ、小テストはそのグループからのみ削除されます。
  16. 小テストを投稿するには、「送信」を選択します。


Note: クラス全体ではなく、個々の生徒に小テストを送信すると、結果は自動的に通信簿には追加されません。タイムラインで小テストの結果に移動してから、通信簿に手作業で点数を入力する必要があります。