コンテンツを引き出し内のフォルダに移動する(生徒向け)

引き出しにコンテンツを追加したら、整理された状態でファイルを管理、使用するためにはいくつかのオプションがあります。

次の手順に従ってください:

  1. 整理したいアイテムにカーソルを合わせて、アイテムの名前の右端にある「その他のオプション」アイコンをクリックします。個々のファイルを右クリックすることもできます。
  2. オプションメニューのオプションから選択します。

それぞれのオプションの機能

  • 編集:引き出しの中にあるファイルの名前を変更します。
  • オフィスで開く:互換性のある一部のドキュメントは、Office365で編集用に開くことができます。このオプションは、互換性のないドキュメントの種類では表示されません。
  • ノートへの添付:引き出しから直接ノートに添付ファイルとして、アイテムを送信することができます。
  • 移動:フォルダ内など、アイテムを引き出し内の別の場所に移動します。
  • コピー:別の場所にあるアイテムのコピーを作成します。アイテムを複数のフォルダで保持するには、このオプションを使用します。
  • ダウンロード:アイテムのコピーをコンピューターにダウンロードします。
  • 削除:ライブラリーからアイテムを完全に削除します。フォルダを削除すると、フォルダの中にあるの全てのコンテンツが削除されるので、このフォルダーの削除には注意が必要です。 

一度に複数のアイテムを選択することもできます。複数の項目を選択するには、「コントロール」または「コマンド」(⌘)キーまたは「シフト」キーを使用します。

次に、項目を右クリックして管理オプションを表示します。 複数のファイルを選択した状態では、全てのオプションを使用できるわけではありません。


Note: 教材やファイルをフォルダーに直接保存することはできません。最初に引き出しに保存してから、フォルダに移動する必要があります。